体操に多いスポーツ外傷・障害

体操選手でもっとも多い損傷は足関節捻挫です。

次いで腰痛、膝内障(前十時靱帯断裂が多い)があります。

その他にシンスプリント、アキレス腱炎、足底腱膜炎がみられます。

床運動では頸椎捻挫、打撲、鉄棒や吊り輪では、落下時に胸腰椎の骨折を起こすことがあります。

跳馬、鉄棒、吊り輪では、肩・肘の損傷が多く、肩・肘脱臼、肘内側側副靱帯断裂、変形性関節症が発生します。

アクセス情報

所在地

〒940-0853
新潟県長岡市中沢1-39-1

駐車場

4台あり

休診日

日曜・祝祭日