肩の痛み・肩こり

  • 慢性的に肩がこっている
  • いつも肩や首がだるい、重い
  • マッサージを受けても良くならない
  • 首をよく寝違える
  • 肩こりがヒドイときは頭痛もする
  • 首や肩周りの動きが硬い・悪い

長岡市のあおし整骨院にご来院される、肩の痛みや肩こり症状の方は上記のようなお悩みで来院されている方が多いです。肩周辺の筋肉に痛みやコリ、重たい感じを自覚する状態が「肩こり」です。病気にともなって起こることもありますが、ほとんどはデスクワークなどで長時間同じ姿勢を取り続ける、オーバーワーク、悪い姿勢や精神的緊張といったことが誘因となっています。この「肩こり」が慢性化すると四十肩、五十肩、上腕二頭筋長頭腱炎、腱板損傷、手のしびれ、頸椎ヘルニア、頚椎症胸郭出口症候群などの難治性の症状になりやすくなります。そうならないように軽度の肩こりであっても早めのケアや対策が必要です。

肩の痛みの代表的な症状|長岡市 あおし整骨院

四十肩・五十肩

中年以降に起こる肩の痛み。痛みのため腕を上にあげる、後ろに回せなくなります。ひどくなると痛みで夜も眠れなくなります。肩関節は滑液包や腱板という腱や靭帯に囲まれているため、加齢により炎症や癒着が発生して肩の運動を邪魔してしまうといわれています。(腱内に石灰性性腱炎が見られる場合もあります)

インピンジメント症候群

肩を上げるスポーツ(野球や水泳)等で良く発症します。腕を上げる動作はインナーマッスルとアウターマッスルがバランスをとりながらテコの原理でおこります。このバランスが崩れると腕の骨と肩甲骨の間で腱板を挟み込み損傷してしまいます。滑液包炎等を併発することもあります。

上腕二頭筋長頭腱炎

テニスのようにラケットを使うスポーツや野球等のなげるスポーツに多い疾患です。 いわゆる力こぶの筋肉は腕のほねの溝の部分に靭帯がかぶさったトンネルの部分を走行します。肩を上げる動作ではこのトンネルの中で腱が上下に動き、摩擦を起こします。この摩擦が繰り返されることでトンネル内で炎症が起きます。

棘下筋炎・小円筋炎

肩の後ろ、肩甲骨の外側に痛みが出ます。肩は自由度の大きい関節の反面、安定を要求されます。それだけオーバーユースが多くなり、これらの筋肉の付着部付近で損傷を受けやすいです。

三角筋炎

腕の中心やや上が痛む、美容師さんのような腕を外に開きながら使う職業の肩に多い疾患です。腕は体重の10パーセントあり動かすことにより4倍力が加わるといわれています。その負荷が三角筋の付着している箇所に集まります。

胸郭出口症候群

なで肩の20~30代女性に多くみられ、肩から腕の痛みやしびれが起きます。肩や腕が痛むだけでなく、だるい、しびれる、むくみ、冷えといった血液循環の障害を伴った症状がでます。肩こりと症状は似ていますが、肩こりの場合は利き手側に症状が強くでて、胸郭出口症候群は両手にでることが多いいように思われます。

診療案内

診療案内
-information-

スクロールできます
 受付
午前
午後

月~金 8:30-12:00 / 15:00-19:30
土曜 8:30-13:00
休業日 日曜・祝祭日